動画情報

日本最古のキックボクシングジムである藤本ジムから2005年にプロデビューし、キック界随一の実力派団体、新日本キックボクシング協会で戦い続け、2009年に日本ウェルター級の王者を獲得。4度の防衛に成功した"グリーンモンスター"緑川創は、重量級エースの重責を10年近く担ってきた。 ムエタイでトップクラスのタイ人選手と数多対戦。2014年のNO KICK NO LIFEでは元K-1 MAX王者のアンディー・サワーに勝利の殊勲を上げ、2013年3月には"ムエタイゴリラ"T-98も下している。 打倒ムエタイに執念を燃やし、2018年6月27日、キャリア63戦目にして、タイの国技館に当たる二大殿堂のひとつラジャダムナンスタジアムでタイトルマッチを行ったが、初回にダウンを奪われ、その後、猛追するも判定負けでベルトを逃した。 約1年ぶりのKNOCK OUT登場となる2018年8月19日、捲土重来を期する一戦の前にKNOCK OUTでの活躍ぶりをプレイバック! YouTubeチャンネル登録はこちら https://www.youtube.com/c/KNOCKOUT_KB?sub_confirmation=1 KNOCK OUTベストバウトランキング https://www.youtube.com/watch?v=P1cNT2o-Rf8&t=1418s "神童"那須川に最強の敵現る!那須川天心VSスアキム https://www.youtube.com/watch?v=AyVOm4aMUJc 2017年度年間最高試合!勝次VS不可思 https://www.youtube.com/watch?v=ba0Go-dzemc 「完全保存版‼一挙大公開KO特集」 https://www.youtube.com/watch?v=P42M4tByF_U キックボクシングイベント「KNOCK OUT」 公式サイト http://www.knockout.co.jp/ Youtube http://ur0.work/ExRI Twitter https://twitter.com/kb_knockout Facebook https://www.facebook.com/kbknockout/ instagram https://www.instagram.com/kb_knockout/ レギュラー放送番組 キックボクシングKNOCK OUT! ◆TOKYO MX 毎週金曜日 23:00~23:30 ◆BS11 毎週土曜日 27:30~ ◆サンテレビ 毎週水曜日24:00〜24:30 ◆テレビ和歌山 毎週月曜日26:05~26:35 ◆テレビ神奈川(TVK)毎週火曜日 19:30~20:00 ◆びわ湖放送 毎週水曜日 26:45~27:15 ◆三重テレビ放送  毎週月曜日26:05~26:35 ◆ぎふチャン 毎週金曜日 25:30~26:00

その他のボクシング動画

ボクシングの「テクニックで相手をKOする理論的練習方法」で最速に上達できる

http://m-md.net/info/boxing ←このボクシング上達プログラムで・コーナーで負けず、きりかえす巧みなステップに自信が持る・スタミナ不足を上手く補う、消耗しないステップの方法がわかり余裕がうまれる ・相手の視界から巧みにずれる、絶妙のステップのコツがつかめ、チャンスを逃さない ・強力な腕の力ではなく、重心を上手く使った「正しい構え」でストレートパンチがうてる ・相手の反撃を受けない、完璧なワンツーのスキルが身につく ・筋力に頼らない、強烈なボディブローを打ち込む秘訣がわかる ・一つ一つの技を活かす、コンビネーション業の幅が広がり、相手が怖がるボクサーになれる ・難易度の高いダッキングのテクニックが身につき、相手に動きを読まれない試合巧者になれる ・ディフェンスストッピングのコツがわかり、劣勢を挽回する自信がつく ・相手の戦意をそぐ、スゥエーバックが上達する ・カウンターのクリーンヒットの確率が一気にアップする ・パンチの決定率を上げるいくつかのコツがいっぺんに身につく 相手を倒し、試合で勝つるために より高いレベルのボクサーを目指すひとすべてに要求される 『ボクサーとしての基本の構えやステップ』 『ジャブ、ストレート、フックなど重要な攻撃テクニック』 『打たれない為の多彩な防御テクニック』 などを効果的に習得、強化できます。 さらに 強いボクサーに共通している 『試合での駆け引き、間合い』 『カウンターテクニック』 『目線の用い方、鍛え方』 など、試合で結果を出すための、より実戦的な高度なスキルを 無理なくレベルアップできます。 これは『才能』や『センス』と全く関係ありません。 三谷先生がこれまで、ボクサーとして多くの試合を経験してきた実績、そしてジムでの指導者として、 多くの選手や愛好家たちと出会い、関わり、ボクシングのテクニックの指導、ボクサーとしての肉体改造、戦い方、 さらには精神面の強化など、ありとあらゆる指導をしてきた経験から、 『強いボクサーになりたい選手』すべてにむけて、個人技術の【コツ】はもちろん、 戦術と攻め方までをDVDとしてまとめてくれました。 これを見て、実践すれば総合的に、そしてその上達にはきっと、満足できる結果が出る内容にしています。 また、やみくもに身体への無謀なトレーニングを繰り返し科すような内容ではないので ケガや、突然全力で練習できなくなるといったトラブルはありません。 ボクシングはトレーニングの仕方を間違えると、他のスポーツとは比べられないほどの危険を伴います。 ジムでコーチ、トレーナーが付き添ってのトレーニングであればいいのですが、 自己流、勝手に応用してのトレーニングが思わぬ事故につながる可能性もあります。 そうしたことをしっかり考慮して、正しい方法、注意すべきポイントを網羅したものです。 従って、 間違ったトレーニングではないので、将来、肩や腰、膝を壊す可能性が低くなります。 むしろ、そうならないようにメニューを組んでいるので、安心して取り組んでください。 その中身の一部だけですが、紹介すると・・・ この最重要ポイントきちんと教わっていますか?上半身の構えの注意点とは? ボクシングの基礎!上半身の構え方における注意点があります。利き手側を後ろに、45度の角度で構えるのが基本です。 ただし、その他わきを締めて顎を引くことなど、構え方にもポイントが多数あります。穴があれば、そこをつかれるのがボクシングですよね。上を目指す選手こそ、基礎が大事です。上半身と下半身の構え方を再確認してください。 スタンスの幅のつかみ方とは? 適度なスタンスをとれない選手への改善法を教えましょう。 構え方で、後ろ足が上がらない、スタンスの幅を掴めない方に取り組んでいただきたい改善法があります。これらの原因は、膝の柔らかさにあります。ボクサー屈伸と呼ばれる方法で、改善が期待できますが注意点が2つほどあるので、まとめて解説します。 ここで差が出る!効果的なジャブを打つためには? 勝つ為に効果的なジャブを打つための修正法がります。 ジャブは使用頻度が多く、非常に重要なテクニックの一つであるにもかかわらず、おろそかにされがちです。一言でいうならばまっすぐ出すことを根本に植え付ける事ですが、そのための脇の使い方や肘の使い方、顔と腕との連動性を考えて、練習に取り組むことが大切です。これらをプログラムでは包括して解説します。 ステップで致命的なべた足の改善法とは? 体重移動をうまく使ったステップを行うために、プログラムでは段階的に分かりやすく解説しました。初心者にありがちな跳ねるようなステップや、両足を付けてステップするべた足等を正し、実戦で無意識に不自由なく行うためのノウハウがこの中にあります。これを見て学び、基礎を固めてください。 万全の対応ができる選手を目指す、前後ステップ習得法とは? これを無意識に行うことができるようになると、ステップ中に上手に休むことができスタミナ不足を改善することや、いつ来ても万全の対応ができるレベルの選手に近づくことができます。前後ステップでの注意点はいくつかありますが、それらを網羅したのがこのプログラムです。参考にしてください。 コーナーで強くなる!切り替えしステップを磨く方法とは? 三角ステップという練習方法を紹介します。これは、切り返しステップの基礎でもあり、試合で欠かせない技術の一つですが、意外にも効果的な練習法を知らない選手が多いです。他のスポーツでも使われているとっておきの、ある方法をあなたに伝授します。 相手の攻撃を巧みにかわせる選手がやっている左右ステップ練習法とは? 素早いステップで相手の攻撃をかわすのは、誰もが手に入れたい技術ですよね。四角ステップはその技術習得に奏功します。上体の構えをしっかりキープして、素早く長方形を描くようにステップしていきます。プログラムで参考にしてみてください。 試合に勝てない選手が知らない、ステップと構えの平行訓練法とは? 実戦を想定して、ステップと並行で構え方を体得するのが効果的ですよね。ですがこの2つの動きを取り入れた練習をしていても成果が出ないような選手をお見かけします。プログラムでは、四角ステップという練習法で左右・前後の動きと上体の構え方について解説します。これは、左利きの選手も念頭に解説しているので、問題ありません。 変化を付けた攻撃を繰り出せる選手と出せない選手の差を生む「ステップ練習」とは? 相手と向き合っている時に、一瞬視界からそれるようにずれて逆回りする際等に使われる、ツイストステップを紹介・解説します。これを体得することで、多彩な攻撃を繰り出す基盤が出来上がります。プログラムを参考に練習してみてください。 相手の意表を突くのが得意な選手がつかんでいる、あるステップのコツとは? 股関節を柔軟に使うツイストステップは、単調なリズムに変化を付ける上で非常に効果的です。その名の通り、交互にひねりながら前進・後進する簡単なステップですが、変化を付ける為のステップなので、実戦での失敗は逆に隙を与えてしまいます。プログラムでは、一つの武器として体得しておきたいこのステップを明快に解説しました。 ストレートで相手のダメージを極大化する拳の握り方とは? より力が入る握り方を伝授します。握り方次第で、力の入り方が変わります。プログラムでは、構えから相手の顎にヒットさせるための打ち方について、ポイントを押さえながら段階的に解説します。参考に励んでください。 構え方でも大きく変わる強烈なストレート。その構え方とは? 拳を真上に向けて構える選手をよく見ますが、素早いストレートを打つためにはここから変える必要があります。威力のあるストレートを打つためには、相手の顎をめがけて拳の先端で素早くまっすぐ打つことが重要です。詳しくはプログラムにて実演・解説します。 相手を倒す為に必須、無駄な動きを減らしたフックとは? 後ろ足を軸に、腰をうまく使いながら回して打つのがフックですが、下半身の動きをしっかり拳まで伝えなければ、相手にダメージを与える強烈なフックが放てません。腕の構え方から足までの無駄な動きを減らし、自分の持てる最大威力を相手に当てられるような技術を、プログラムで身につけてください。 弱い選手には身についていない、遠心力活用の効果的フックとは? 腰が先に回って腕が遅れてくるフック、腕が先に回りすぎてブーメランのようになるフックは、威力がないことはおろか、隙だらけで反撃を食らいます。遠心力をうまく使うための、とあるイメージ法とポイントをプログラムでお教えして習得を早くし、コツを会得しましょう。 強い選手は知っている、ワンツーを究めるための4つのポイントとは? ツーを打った時の腕を右頬に付けて、相手の反撃を抑える。後ろ足をうまく使い、背後からのパワーを活かす。そしてその他に二つのポイントを含めた、4点がワンツーを磨くためには不可欠なポイントです。イメージトレーニングでも、この点を意識するだけで上達が見込めます。プログラムの実演を参考にしてトレーニングしてみてください。この4点のポイントを知らないと強くなれません。 相手を倒すために、アッパーの威力を格段に引き上げる方法とは? 手打ちや上体だけの打ちでは、最大威力でパンチを打つことができません。テクニックの一つとして、膝を下げて重心を落とし、”あること”に注意して上げていくことです。こうすることで、下半身と後方からの力を一気に拳に集中させることができます。プログラムの解説を参考にこのテクニックを手に入れましょう。 アッパーからフックの決定力が高いボクサーが知っている、あるコツとは? アッパーの基本ができている前提で、利き手のアッパーからフックを決めるコツとして、捻り動作をうまく活用して、アッパーを上げすぎないことです。腕だけ上げて打つのはいわゆる手打ち状態で威力が出ません。また上げすぎるとカウンターを食らいます。アッパーを決めるまでの動作と、そのあとフックにつなげる身体の使い方を、プログラムで一挙に解説します。 強力な左アッパーが得意な右利きボクサーの秘密とは? 右利きの選手が左アッパーを打つ際は、軸足が左なのでパワーをうまく生み出すのに苦労します。そんな時には腕と腰の捻りを使って、下半身からのパワーを上手に伝達します。また、この動きを応用することで、打った直後にストレートを繰り出す準備ができます。プログラムの実演と細説でこれらをマスターし、試合で活かしましょう。 相手に大きなダメージを与えるボディブローを繰り出す秘訣とは? まずフックと違う点として、体重移動の仕方です。フックの際は後ろ足のほうに体重を乗せましたが、ボディブローは前足に6・後足に4くらいの比率で乗せます。これは次にフックを打つ際に備えてです。その他腕の角度や連係技についてもいくつかポイントをお教えし、実演します。 世界戦 内山高志 村田諒太 ボクシング トレーニング 山中慎介 ボクシング ディフェンス 井岡一翔 ボクシング アルバレス アムナット アマチュア ボクシング アリ アッパー 打ち方 井上拓真 ボクシング 井上尚弥 世界戦 打ち合い ボクシング 打ち方 ウェルター級 ボクシング ウィービング ボクシング エクササイズ 初心者 フットワーク 練習 フックの打ち方 ボクシング 練習方法 ボクシングニュースボクシング 階級ボクシング世界チャンピオンボクシング動画ボクシングモバイルボクシン グ 女子ボクシングジムボクシング 竹原キックボクシング女子ボクシング 長谷川穂積,内山高志,アムナット,井岡一翔,田中恒成,メイウェザー

TWINS SPECIAL BGVL-3 10oz ボクシンググローブ 論評

現在日本でも大変人気のあるボクシンググローブ、TWINS SPECIALのBGVL-3のご紹介です。 ムエタイスタイルのグローブでありながら、ボクシングやキックボクシングの練習でもよく使用されています。 TWINS SPECIAL公式サイト https://www.twinsspecial.com/

2.11 重森陽太 勝利者コメントキックボクシングKNOCK OUT(ノックアウト)

YouTubeチャンネル登録はこちら https://www.youtube.com/c/KNOCKOUT_KB?sub_confirmation=1 KNOCK OUTベストバウト2018 10位→1位 https://www.youtube.com/watch?v=HZHfQDAv9u8 20位→11位 https://www.youtube.com/watch?v=VDqDbWH_mpE 2018年度年間最高試合!石井一成vs大﨑一貴  https://www.youtube.com/watch?v=CoTvQgDomVg "神童"那須川に最強の敵現る!那須川天心VSスアキム https://www.youtube.com/watch?v=AyVOm4aMUJc 「完全保存版‼一挙大公開KO特集」 https://www.youtube.com/watch?v=P42M4tByF_U キックボクシングイベント「KNOCK OUT」 公式サイト http://www.knockout.co.jp/ Youtube http://ur0.work/ExRI Twitter https://twitter.com/kb_knockout Facebook https://www.facebook.com/kbknockout/ instagram https://www.instagram.com/kb_knockout/ レギュラー放送番組 キックボクシングKNOCK OUT! ◆TOKYO MX 毎週金曜日 23:00~23:30 ◆BS11 毎週土曜27:30~28:00 ◆サンテレビ 毎週水曜日25:00〜25:30 ◆テレビ和歌山 毎週月曜日26:05~26:35 ◆テレビ神奈川(TVK)毎週火曜日 19:30~20:00 ◆びわ湖放送 毎週水曜日 26:45~27:15 ◆三重テレビ放送  毎週月曜日25:50~26:20 ◆ぎふチャン 毎週土曜日 27:30~28:00 ◆MRO北陸放送 毎週月曜日 25:40〜26:10

子連れで痩せるダイエットボクシングジムMIYAGAMI パーソナルもOK

子連れで痩せるダイエットボクシングジムMIYAGAMIはこちら!https://yasegumi.com/boxing-kodure/ 2ヶ月で強くなるマンツーマン・パーソナル・プライベートボクシング指導希望のあなたはこちら。https://wakuwakudream.com/boxing/2016/03/30/ryoukin/ 健康経営ボクシング法人プログラムの詳細はこちら。https://wakuwakudream.com/boxing/2019/01/04/nouhau-298/ 全国出張OK! キッズ、小学生ボクシングクラスはこちら。https://yasegumi.com/boxing-kodure/2019/01/21/shitumon-67/ 家にいながらスカイプ(無料パソコン電話)でボクシング指導希望のあなたはこちら! https://wakuwakudream.com/boxing/2019/01/12/nouhau-301/ ボクシングLINEスタンプはこちら! https://store.line.me/stickershop/product/1306530 着物LINEスタンプはこちら! https://store.line.me/stickershop/product/1278303 ピラティスLINEスタンプはこちら! http://line.me/S/sticker/1357227 ボクシングインストラクター資格養成講座スクールはこちら!https://wakuwakudream.com/boxing-shikaku/ facebookページはこちら!https://www.facebook.com/boxingmiyagami ツイッターフォロー希望のあなたはこちら!https://twitter.com/miyagamiboxing インスタグラムフォロー希望のあなたはこちら! https://www.instagram.com/miyagami/?hl=ja #ボクシング #キックボクシング #格闘技 #ボクササイズ

ページの先頭へ